高まるニーズ

男女

外部団体に依頼する利点

訪日外国人の数は年々増加の一途をたどっています。そのため、英語など外国語で接客する必要性も高まってきています。中国人や韓国人などの非英語圏からの訪日外国人も多いのですが、海外は英語教育が進んでいる国も多いことから共通語として英語を学ぶ必要性が最も高いと考えられます。特に現場である接客係にこそ必要なスキルです。観光地など外国人が多いところの接客係は特に必要性が高く、従業員全体の底上げが必要といえます。接客係の英語力を底上げしようと思ったら、個々人の努力に委託するのではなく、会社から外部団体に委託をして指導してもらうのがおすすめです。なぜかというと、現場ごとに必要なワードや単語は異なるためです。従業員それぞれの意識に任せていては習熟度に差がついてしまいますし、本当に必要な言葉が身につかないおそれもあります。また、会社から委託すれば現場で研修を行うこともできるため、より実践的で実務的な語学力がつきやすくなります。集団で学ぶことにより費用が割引される可能性もあります。このようなメリットから、従業員全体の底上げを狙うのならば外部団体に委託するのがおすすめです。といってもそのようなサービスは非常に様々なバリエーションがあります。費用、回数などもピンキリなので、事前によく比較して選ぶのが大切です。講師の質は結果に大きく関係してくるので、講師の質はしっかりと見極めましょう。過去に実績がある団体の方がおすすめです。

Copyright© 2018 【観光客向けのサービス】英語接客の指導は専門会社に依頼すべし All Rights Reserved.