自社を客観的に評価する

社内

効果的な研修の内容は

企業によっては、社内研修の担当者を決め、各種研修を行なっているというところも多いでしょう。一口に社内研修といっても、新人研修・中堅職員研修・管理職研修という対象別のものがあれば、接遇研修・コミュニケーション研修・専門技術研修などテーマ別の研修もあり、担当者にとってみれば、どんな目的・テーマで堅守を行うか悩むことでしょう。そんな時採用したい研修テーマの一つが、エンゲージメントを高めることを目的とした研修の実施です。エンゲージメントは、社員と企業の関係性を表す言葉です。このエンゲージメントが高ければ、社員が自身の働く意欲を引き出し、パフォーマンスを発揮させ、業績向上につながるとも言われます。これを研修専門会社と連携・委託し実施するとより効果的です。研修専門会社に依頼することのメリットは、第三者的な気づきを得ることができるという点です。自社に対する評価は、内部にいると分からないものです。むしろ、自社の悪い面ばかりに目が行きがちになるものです。研修専門会社を介することで、自社への評価を客観的に聞く、あるいは客観的に自社を評価できるような研修プログラムを組むこともできるでしょう。どうしても、課題や問題点にばかり目が行きがちなのですが、強み(ストレングス)を知る、気づくことで自社へのエンゲージメントが高まるという効果を期待できるのです。研修専門会社には、様々な研修のノウハウがあります。単に知識や技術を得るということではなく、仕事や会社に対する心の持ちよう(エンゲージメント)を考える機会を得るのも良いのかもしれません。

Copyright© 2018 【観光客向けのサービス】英語接客の指導は専門会社に依頼すべし All Rights Reserved.