外国人に応対する語学習得

ウーマン

会話に困らないために

グローバル化する昨今にあって日本の店舗に外国人が来店する機会が増えています。特に、インバウンドが著しい近年では地方のお店だからと言って外国人旅行者と無縁ではありません。そのような場合、当然ながら接客も英語をはじめとする外国語で行う必要がありますが、会話が通じない場合にはせっかくの営業機会を失うことにもなりかねません。このように、英語での接客技術がこれまで以上に重要になってきているのですが、具体的にどのように対策を取ってよいのかが分からず困っている経営者の方も多いのではないでしょうか。この点、外国人の接客に不可欠なのは何といっても英語ですので、まずは従業員の英語力を向上させることがポイントとなります。といっても、何のインセンティブも付けずにただ英語を勉強しろと言ってもうまくいかない可能性が高いため、まずはTOEICで一定以上の点数を取った場合に奨励金を出すなどのモチベーション向上策を設けてみてはいかがでしょうか。また、地元の英会話学校や英語を教えている外国人の方とタイアップして接客用のクラスを開講してもらうというのも有効です。ある程度の会話力を身に付けさえできることができれば、あとは実際に店頭でのやり取りを通じて半強制的に英語を使う機会があることから、自然と英語での接客能力は伸びていくはずです。要はそこのたどり着くまでの入り口の英語力を習得してもらえばよいだけですので、難しく考えずに様々な試みを行ってみるとよいでしょう。

Copyright© 2018 【観光客向けのサービス】英語接客の指導は専門会社に依頼すべし All Rights Reserved.